スカイツリー

教育の充実

東京での医学部予備校選びの方法について考察いたします。 東京は医学部予備校激戦区であり、競争激化に伴う差別化が進んでいます。それでも料金が下がるということはまだないようですが、高額な学費を払えば、ほぼ個人レベルの希望まで叶うというのが、今の医学部予備校の特徴ではないでしょうか。 例えば今は、学校とは思えないような、非常にスタイリッシュな空間を提供する予備校も増えましたし、女性専用の予備校も増えました。年間を通した個人授業も当たり前のように行われており、カリキュラムの内容も一人ひとりに合わせる所が多くなりました。 そのような時代において、医学部予備校は、どのように選ぶべきでしょうか。そのことについて次項で考察いたします。

激戦区東京で、医学部予備校は、どのように選べば良いのでしょうか。 最も良いのは、「予備校に通わない」という選択です。自分で勉強して、医学部に合格することです。そのために、日ごろから、また早いうちから勉強をすることです。それも、受験勉強と割り切るのではなく、物事に好奇心をもって、深く追求していくことです。その中に5教科もあればよいのです。そしてそれは、趣味と区別されるべきものではありません。 高校生にそのような選択を要求するのは酷かもしれませんが、これは経済的にも、将来的にも、全うかつ現実的な解決方法だと思われます。これは東京に限らず、全国的にそうです。 自分で考えることで、問題解決能力を養うことが可能となりますし、それは大学受験までに鍛えておくことで、一生役にたつスキルとなるでしょう。